社会連携教育センター センター長あいさつ

キャリアデザイン学部教授 児美川 孝一郎

2020年4月,教育開発支援機構のもとに,新たに社会連携教育センターが設置されました。

 言うまでもないことですが,大学の社会的使命の一つは,教育研究を通じた社会貢献にあります。とりわけ,大学をめぐる近年の環境変化の中では,卒業後に社会に出て貢献できる人材の育成や研究成果の社会への還元といったアウトプットだけではなく,教育研究のプロセスそのものが社会に開かれ,社会との連携のもとに実施されることで,社会的にもメリットが生まれ,大学の教育研究も豊かになるというスループットへの注目が高まっています。近年の大学教育において,正課教育であるか正課外教育であるかを問わず,企業や自治体,地域社会等と連携したインターンシップ,課題解決型学習,フィールドワーク等が盛んに実施されるようになってきたのは,それゆえのことです。

 法政大学は,大学の教育目標・各種方針のなかに「社会連携・社会貢献に関する方針」を定め,これまでにも学部や学生支援に関わるさまざまな部局が,企業や自治体,地域社会等と連携した教育プログラムを多種多様に実施してきました。しかし,強いて言えば,これまでの取り組みは,学部や関連部局等において,教職員が持つ個別のネットワークに依存しつつ実施してきたという側面も強く,大学として組織的・体系的に社会連携教育に取り組んできたとは言いがたいという課題を残していました。

 本センターの役割は,本学の社会連携教育をよりいっそう拡大・充実させ,大学として組織的・体系的に推進していくための支援をすること,そのために,企業や自治体,地域社会等と学部や関連部局等をつなぐ窓口になることにあります。もちろん,社会連携教育に取り組む主役は,学部や関連部局等であることは言うまでもありません。本センターは,そうした取り組みを裏方として支援し,社会連携教育についての情報提供や全学的な情報共有,教育プログラムの開発や企画,連携を希望する企業・自治体,地域社会等の開拓,学部や部局等とのマッチングの役割等を担うことで,本学の社会連携教育の発展に寄与することができればと考えています。